銀座【着物2626】本場結城紬 革色 流水に幾何文 (反端証紙他付・小田急百貨店扱い)

銀座【着物2626】本場結城紬 革色 流水に幾何文 (反端証紙他付・小田急百貨店扱い)

革色が近いでしょうか、灰みの強い暗い緑系の地に亀甲絣や十字絣で幾何文や流水文が変わり市松のように交互に表現された本場結城紬です。渋く枯れた色にシンプルなモチーフが溶け込む、落ち着いた雰囲気のお品ですので、帯合わせも幅広くお楽しみ頂けそうですね。紬の中でもとりわけ多くの方に愛される本場結城紬、その独特の軽さや暖かくふんわりとした風合いは、器械を使わず撚りがほとんどかかっていない手つむぎの糸を経緯に用いる唯一の織物だからこそ。空気をたっぷりと含んだデリケートな糸は、糊のちからを借りながら地機で細心の注意を払って織り上げられます。着込めば真綿に戻って行くといわれる布の極上の着心地は、熟練の技術を持つ方々が、国の重要無形文化財にも指定される丹念なお仕事を重ねて創り上げたもの。後継者が激減する中、こちらのように手のかかる総柄は殆どつくられなくなってきています。真冬の寒さからもしっかりと着る人を護ってくれる本物の結城紬、ぜひこの機会にお試し下さいませ。