銀座【着物2647】西陣 誉田屋源兵衛製 経錦着物 太子間道 (反端・付箋付)

銀座【着物2647】西陣 誉田屋源兵衛製 経錦着物 太子間道 (反端・付箋付)

京で創業以来280年余の歴史を持ち、当代の鋭敏な感性と卓越した染織技術から生まれる個性豊かな帯で名高い老舗機屋・誉田屋源兵衛さんのお品です。こちらは経錦の技法を用いた西陣織の着物。樺茶色、潤色、紫黒色辺りが近いでしょうか、渋みのある落ち着いた3色を組み合わせて、法隆寺に伝来する裂由来の太子間道文が表現されています。程良い張りを備えたしなやかな風合いは確かな素材を用いて高い技術で製織された誉田屋さんのお品ならでは。小紋感覚ながら上代裂の格調を備えた織りの着物ですので、格高の袋帯などもしっかりと受け止めてくれることと思います。ちょっとしたお出かけから軽いお茶の席など、帯次第で様々な場面でお楽しみ下さいませ。