銀座【着物2690】訪問着 亜麻色 桐竹鳳凰の図 (落款入・京王百貨店扱い)

銀座【着物2690】訪問着 亜麻色 桐竹鳳凰の図 (落款入・京王百貨店扱い)

やや色を薄めた亜麻色が近いでしょうか、上品な淡いベージュ系の地に繊細な筆と精緻な繍いによって高雅な桐竹鳳凰図が配された訪問着です。天皇御用の格式を持つ桐竹鳳凰文は、善政の世に天上から舞い降り、桐の木に住み竹の実を食すとされる瑞鳥・鳳凰の姿を桐竹と共に表現した最高位の吉祥文様。晴れやかなお席の装いとしてこの上ない祝意を表現してくれることと思います。緩やかに流れる水の様子や枝葉を象る美しい糸目や金彩、苔むした古木や鳳凰、花々を強く印象づける様々な技法を駆使した見事な刺繍…詳細につきましてはわかりかねますが、東京友禅の一流染匠のお仕事を彷彿とさせる重厚な社交着ですね。遠目からも引き立つ格調高い名品、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。