銀座【着物2746】本場結城紬 濃鼠色 雲取りに家並み (反端証紙付)

銀座【着物2746】本場結城紬 濃鼠色 雲取りに家並み (反端証紙付)

濃鼠色が近いでしょうか、暗めの深い紫色の地に雲取りに家並みの景色が細やかな絣で表現された本場結城紬の着物です。落ち着いた紫の色に品の良い女性らしさや程良い華が香るお品、少しクラシックな柄ゆきも好ましく昔ながらの本結城らしい重みが感じられますね。器械を使わず撚りがほとんどかかっていない糸を真綿からつむぎ出す糸作りに始まり、精緻な絣を合わせながらの地機による織りに至るまでの長い工程それぞれに、熟練の技術を持つ方々が大変な手間と時間をかけて制作される紬の最高峰、後継者が激減する中、こちらのように手のかかる総柄は殆どつくられなくなってきているそうです。全て手仕事で大切に扱われた素材が、その特質を惜しみ無く発揮してくれる贅沢な織物、その軽やかな極上の着心地を、ぜひこの機会にお確かめ下さいませ。