銀座【帯3359】西陣 織楽浅野製 袋帯

銀座【帯3359】西陣 織楽浅野製 袋帯

やや色を深めた白菫色が近いでしょうか、オーキッドミスト系の澄んだ淡彩を背景に、モダンな構成の装飾文が表現された袋帯です。小さな紙札には「七宝花菱文」と記されていますが、円の重なりをぎりぎりまで抑えたモチーフは良く見かける古典的な七宝花菱とは大きくかけ離れており、どちらかと言えば洋の趣きを強く感じさせるお品です。こちらは現代の空間にさらりと溶け込む洗練された帯づくりで知られる西陣の機屋・織楽浅野さんの作、白鼠や金銀を基調に滅紫や卵色を美しく効かせたクールで端正な景色に、こちらの機屋さんらしい個性が光っていますね。きちんと感を備えながらも、改まりすぎない洒落みが大人の女性を凛と引き立ててくれる一点、ドレッシーな織りから軽い付下げなど、幅広い装いに合わせてお楽しみ頂けることと思います。