銀座【着物2830】読谷山花織 着物 (証紙付)

銀座【着物2830】読谷山花織 着物 (証紙付)

柳茶色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた黄緑系の地に同系色の縞を置き、青褐色と黄橡色の小さな星のような緯浮花織で繊細な幾何文が表現された読谷山花織の着物です。明治半ばに一旦は技術が途絶えたものの、のちに人間国宝となられた与那嶺貞さんを中心とする方々の手で見事な復興を遂げたこの織物は、丁寧な手仕事の温かみが光る沖縄の染織品の中でも、その可憐な美しさでとりわけ多くの方から愛されていますね。清涼感のある柔らかな彩りは全て草木による染めから得たもの。愛らしくも気品に満ちた精緻な織りの景色が、琉球王府の御用布としての歴史を静かに物語っています。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。