銀座【着物2922】大彦製 染五ッ紋 黒留袖 (落款入・三越扱い)

銀座【着物2922】大彦製 染五ッ紋 黒留袖 (落款入・三越扱い)

染繍の最高峰の技術を駆使した重厚な着物や帯で知られる大彦さんの黒留袖です。江戸小袖を彷彿とさせる贅沢な作品は美術品としての価値を備え、高島屋さんの上品會でも一際目を惹く中心的な存在でしたね。こちらは彦兵衛さんに続く二代目・野口真造さんの作品。力強くも繊細な筆と精緻な繍いによって高原の湖畔を思わせる風景が表現された五ッ紋の黒留袖です。白樺のプランターに咲く元気な花々はビオラやゼラニウムでしょうか、万年雪をいただく山々を望むパノラマのように雄大な景色に圧倒されますね。大彦さんの作品は古典的なものから西欧の趣きを大胆に取り入れたものまで、実に多彩なモチーフが用いられていますが、こちらは油彩のような絵画的な表現が斬新な一点。小袖の美を忠実に再現したものとはまた趣きが異なりますが、深呼吸したくなるようなダイナミックな景色に大彦さんならではの存在感が輝いています。ホテルなど広い洋の空間ではとりわけ映えるであろうモダンな逸品、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。