銀座【帯3593】荒川真理子作 型絵染 紬地名古屋帯「はっぱ」(畳紙、反端他添付有) 

銀座【帯3593】荒川真理子作 型絵染 紬地名古屋帯「はっぱ」(畳紙、反端他添付有) 

涅色が近いでしょうか、灰みの強い暗い茶系の紬地に、桜や市松、野の草や流水、楓などを置いた葉っぱが並べられた型絵染の名古屋帯です。シックな地色から滅紫や薄縹、青磁や芥子などそれぞれ主張のある彩りが様々なモチーフと共に浮かび上がるお品、輪郭のはっきりとした個性が、帯からあふれんばかりにきらきらと輝いていますね。こちらは柳悦孝さんや柚木沙弥郎さんに師事、国展にも入賞を重ねる荒川真理子さんの作品です。型絵染らしい確かな存在感が後姿を印象的に引き立ててくれる一点、ちからのある色構成ながら、ほんのりと滲む上品な可愛らしさが見る人の心を優しく癒やしてくれますね。染め下地には上田紬を用い、鉄媒染のクルミで染められたとのこと、上質な素材に入念な仕事が重ねられた作家作品ならではの確かな重みが、手に取る度に身につける度に大きな満足感を運んでくれることと思います。青山みともさんの扱いです。
※撮影場所:世田谷美術館