銀座【帯3607】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 錆色 無地

銀座【帯3607】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 錆色 無地

真綿から時間を掛けてつむぎ出した太糸を手機で丹念に織り上げた経節紬は、大きな節があちこちから顔をのぞかせる野趣豊かな景色が味わい深い布。生産が終わって久しい今もなお、お探しになる方が絶えない浦野理一さんの代表作です。とりわけ使いやすい無地の名古屋帯は、選び抜かれた色がどれもとても魅力的で、つい何色も揃えたくなってしまいますね。今回のご紹介は錆色が近いでしょうか、赤みが強めのこっくりとした茶系です。土や樹木を思わせるこちらのような茶は幅広いお色目の着物と相性が良く、また秋深まる季節にはとりわけ心惹かれることと思います。浦野さんの経節の帯は、無地ながら質の高い手仕事による布ならではの確かな存在感を備えており、個性的な紬や帯合わせの難しい小紋などもさらりと受け止め、力強く引き立ててくれますね。お気に召したお色に出会えましたら、どうぞお見逃しなきよう…