銀座【帯3614】久呂田明功作 縮緬地 染名古屋帯 紫苑色 唐花唐草文 (落款入・越後屋扱い) 

銀座【帯3614】久呂田明功作 縮緬地 染名古屋帯 紫苑色 唐花唐草文 (落款入・越後屋扱い) 

紫苑色が近いでしょうか。上品な華のある落ち着いた紫系の縮緬地に、唐花唐草文が大らかに表現された染めの名古屋帯です。黒みがかった深い緑や榛色、葡萄茶に金彩を効かせた重厚な色遣いで、エキゾティックな文様がお太鼓からあふれんばかりに描かれていますね。こちらは江戸友禅作家・久呂田明功さんの作。かつて浦野理一さんの仕事を支えたことでも知られる先代からの作風を受け継ぎ、存在感のある着物や帯を創り続けておられます。真糊を用いた力強い糸目や個性豊かな色調から生まれる景色は、いわゆる染め帯とは一線を画す格調と洗練を備えており、上質な紬や小紋はもちろん、紋付色無地や付下げなどの装いにも合わせて頂けそうです。これから年末年始に向けてのお出かけにも大いに活躍してくれそうな一点、ぜひこの機会にご覧くださいませ。