銀座【帯3620】洛風林製 袋帯

銀座【帯3620】洛風林製 袋帯

浅黄色と深川鼠色あたりが近いでしょうか、淡い黄みのベージュと薄い灰緑をほんのりとした段替わりに置き、細い撚金糸で優美な花鳥唐草文が織り出された袋帯です。こちらは古今東西を問わぬ膨大なデザインの蓄積から生まれる多彩な意匠を、西陣の老舗機屋の手で帯のかたちに創り上げる洛風林さんの作。洗練を極めた上質な帯の数々は着物を識る方の間でもとりわけ高い評価を得ていますね。こちらも金糸による装飾性の高いエレガントなモチーフと、其処此処に経糸の節が顔を覗かせる紬の地風、組み合わせの難しい要素がすんなりと溶け合う気品豊かな景色に、洛風林さんならではの手腕を感じる一点。改まった感を備えながらも程良い遊びや洒落みのある袋帯は、現代の着物シーンではとても重宝なものと思います。無地紬やドレッシーな織物から小紋、付下げなど様々な着物に合わせて、洛風林さんらしいモダンな個性をお楽しみ下さいませ。