銀座【帯3701】日本工芸会正会員 小倉建亮作 染名古屋帯 水仙の図(落款入)

銀座【帯3701】日本工芸会正会員 小倉建亮作 染名古屋帯 水仙の図(落款入)

日本工芸会正会員として活躍なさった染色作家・小倉建亮さんの名古屋帯です。小倉さんは家業の友禅に加えて絞りの技法を学び、幻とされた辻が花を今の世に蘇らせたことで良く知られた方。現在活躍なさっている正統派辻が花の作家さんは、小倉さんに師事なさった方が殆どです。こちらはやや明度を落とした練色が近いでしょうか、ニュアンスのあるオフホワイト系の塩瀬地に水仙が描かれた名古屋帯です。細やかで正確な絞りと精緻なカチンの技術を生かしながらも、日本画のような写実的な表現が印象的なお品、柔らかな絞りの滲みや薄墨色に仄かに金彩をのせた伸びやかな葉に、作り手の確かな技量が光っていますね。春まだ遠い頃、刺すような冷気の中凜と咲き誇る水仙の、清々しくも健気な美しさが見事に描き出された一点、新春のお出かけにいかがでしょうか。