銀座【帯3706】吉岡常雄作 紬地染名古屋帯 (落款入)

銀座【帯3706】吉岡常雄作 紬地染名古屋帯 (落款入)

柔らかな上質な紬地を、練色から蒲葡色、古代紫、紫苑色や薄紅梅色へのグラデーションで波型に染め分けた名古屋帯です。こちらは江戸時代から続く「染司よしおか」の吉岡常雄さんの作、上代染色や天然染料の研究で良く知られたこの方の作品は、貝紫染めを筆頭に夾纈の復元など多岐にわたりますが、こちらもその夾纈 (板締め絞りの一種) の技法が用いられた稀少な一点です。染料にはとりわけ貴重とされる紫根とコチニールを使い、上代裂にも遺る高度な染色技法によって表現された、気品に満ちた紫の階調…シンプルながらモダンな存在感が光る染め帯の逸品です。上質な紬や小紋にあわせて、趣味性高い装いをお楽しみ下さいませ。