銀座【帯3716】羽田登喜作 縮緬地染名古屋帯 青碧色 猫柳に鴛鴦の図

銀座【帯3716】羽田登喜作 縮緬地染名古屋帯 青碧色 猫柳に鴛鴦の図

友禅の人間国宝・羽田登喜男さんを祖父として生まれ、幼少期から恵まれた環境で友禅に親しんで来られた羽田登喜さんの作品です。こちらはやや明度を上げた青碧色が近いでしょうか、落ち着いたサックス系の縮緬地に、水面に浮かぶ一羽の鴛鴦が丁寧に描かれた名古屋帯。羽田友禅の象徴的なモチーフである鴛鴦の姿は、繊細な糸目友禅と美しい金銀彩で丹念に装飾されており、名古屋帯という小さな面積の中にも受け継がれた高い技術が随所に散りばめられています。美しい地色や華のある優雅な景色が紬や小紋などの装いを上品に引き立ててくれるお品、周囲には愛らしい猫柳の枝や葦が添えられていますので、これから三月頃までの装いに季節ならではの趣きを運んでくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。