銀座【帯3728】日本工芸会正会員 福村廣利作 紬地染名古屋帯 (落款入) 

銀座【帯3728】日本工芸会正会員 福村廣利作 紬地染名古屋帯 (落款入) 

やや色を薄めた芝翫茶色が近いでしょうか、黄みが強めの薄茶の地に岩井茶を添えて辻ヶ花文が表現された名古屋帯です。こちらは日本工芸会正会員 福村廣利さんの作。辻が花の技法を今に蘇らせたことで知られる小倉建亮さんに師事、後に「絵絞り」として捉えた現代の辻ヶ花を独創的な意匠を取り入れながら追究なさっておいでです。熟練の技術を生かして様々なモチーフを自由に表現なさる福村さんですが、こちらは原点とも言える正統派の辻が花。野趣のある紬地にふくらみのある絞りの表情と繊細なカチンの描線の対比を生かし、典雅な花葉を浮かべた美しい一点です。真綿紬などに合わせて頂けば、寒さ厳しい季節にもほっこりと心和む、温かみのある装いをお楽しみ頂けそうですね。