銀座【着物3055】伝統工芸士 廣瀬雄望作 紬地江戸小紋 (落款入)

銀座【着物3055】伝統工芸士 廣瀬雄望作 紬地江戸小紋 (落款入)

あちこちから顔をのぞかせる染料を溜めた小さな節が趣深い、紬地に万筋が染め上げられた江戸小紋の着物です。亜麻色と涅色が近いでしょうか、渋く枯れた茶系の濃淡色による極細の縞が、ふっくらと柔らかな紬の質感と相俟って、実に味わい豊かな景色を創り出していますね。こちらは伝統工芸士 廣瀬雄望さんの作品。機械による染めが殆どとなってしまった昨今、伊勢型紙を用いて手付けで染め上げる昔ながらの江戸小紋はめっきり少なくなってしまいました。ごく細かな柄ゆきがすっきりと並べられた景色には一見さほどの違いは無いようですが、手に取ればやはり人の手による丁寧な仕事との差が段々と浮かび上がってきます。限界に挑むかのような精緻な伊勢型紙も、それを写す見事な糊置きの技術も、極めて正確でありながらも優しい揺らぎが残されており、無機質な平板さがありません。長くお召し頂いても飽きが来ず、着る人に満ち足りた思いを与えてくれますね。一般的な白生地でも糊置きが難しい万筋を、節立った紬地に染め上げたた手の掛かった一枚、ぜひこの機会にご覧くださいませ。