銀座【帯3768】鈴木紀絵作 染名古屋帯

銀座【帯3768】鈴木紀絵作 染名古屋帯

長らく国展にて心弾む作品を披露して下さった染色作家・鈴木紀絵さん作の名古屋帯です。この方は絞りや型絵染め、手挿しなど様々な技術を自由に取り込み、動植物が遊ぶのどかな情景を表現なさいましたが、こちらもそんな鈴木さんらしい天真爛漫な個性が光る微笑ましいお品ですね。細かな横段が織り込まれた明るい薄薄縹色の紬地に、ふっくらとした絞りによって表現されたのは椿にも沙羅にも見える大輪の花。間には群雀と思しき花枝に、どこからやってきたのでしょうか、花の精やゴンドラの舟のようなかたちやら様々なモチーフが集まって、不思議な世界が創り上げられています。眺めているだけでほっと温かな気持ちで満たされる一点、過度の甘さが無い独特の愛らしさは、お使いになる方や年齢を選びませんね。紬や小紋などに合わせて、朗らかな春の装いをお楽しみ下さいませ。