銀座【着物3084】読谷山花織 着物 (反端 証紙付)

銀座【着物3084】読谷山花織 着物 (反端 証紙付)

梅染色の濃淡や鴇浅葱色などの縞に一部シンプルな緯絣を絡め、精緻な緯浮花織によって葡萄色濃淡や極淡い桜色を小さく煌めく星のように重ねた読谷山花織の着物です。明治半ばに一旦は技術も途絶えながらも、のちに人間国宝となられた故 与那嶺貞さんが大変な苦労の末に見事に復元なさったことで良く知られるこの織物は、丁寧な手仕事の温かみがうれしい沖縄の染織品の中でも、その清楚な美しさでとりわけ多くの方から愛されていますね。こちらは読谷山花織ではあまり見かけないお色目で、穏やかなピンク系の彩りが広がる景色がとても優しい趣きのお品です。「ジャスミンの香り」との銘の通り、上品な甘い香りが仄かに漂ってくれるような、そんな柔らかい存在感がうれしい一枚。暖かい春の陽差しに映える、朗らかな装いをお楽しみ下さいませ。