銀座【着物3097】日本工芸会正会員 小倉淳史作 訪問着 (落款入 松屋扱い) 

銀座【着物3097】日本工芸会正会員 小倉淳史作 訪問着 (落款入 松屋扱い) 

紗綾形の地紋が浮かぶやや色を薄めた羊羹色の地にほんのりと暈しを置き、優美な辻が花文を華やかに配した訪問着です。僅かな青みや緑みを含んだ暗いグレイが白の花葉の華やかさを引き立てるお品、濃鼠色や江戸鼠、黒緑などのシックな挿し色や、所々に添えられた金箔によって、訪問着らしい格調と重厚な存在感が生まれていますね。こちらは辻が花の復元に尽力した父・建亮さんから引き継いだ友禅と絞り双方の高度な技術を基に、現代に生きる辻が花の美を追究し続ける日本工芸会正会員・小倉淳史さんの作。細やかな絞りや精緻な墨描き、そしてこの方の高雅な感性が創る世界からは、正統派の辻が花でありながらもその古典美がよりモダンで洗練されたものへと進化していることを感じます。晴れやかなお席でも一際目を惹く個性は、やはり作家作品ならでは。式典や改まったお席のお支度にいかがでしょうか。