銀座【帯3807】浦野理一作 縮緬地 染名古屋帯 

銀座【帯3807】浦野理一作 縮緬地 染名古屋帯 

しっかりとした藍色と柔らかな白の二色で、流水に扇散らしが表現された縮緬地の染名古屋帯です。こちらは日本の染織への深い造詣を基に、贅沢な素材と妥協のない手仕事によって濃密な存在感を持つ着物や帯を遺された浦野理一さんの作。菊花や梅、竹や楓など折々の花木をすっきりと詰めた扇が、渦巻く流れと共にきりりと染め上げられています。古典的なモチーフであり、また長い時間を経てなお古さを感じさせない完成度の高さに驚かされる一点、古い紅型や藍染めなどの染めの意匠にも通じた浦野さんならではの、力強くどこか懐かしい趣きに心癒されることと思います。木綿や紬、小紋などの装いにいかがでしょうか。