銀座【帯3840】西陣 誉田屋源兵衛製 袋帯

銀座【帯3840】西陣 誉田屋源兵衛製 袋帯

革色が近いでしょうか、軽い透け感のある落ち着いた深緑系の地に淡いグレイの漆箔糸を通した仄かな横段を置き、色みに僅かな変化を持たせた鈍い金の平箔糸で花唐草文が表現された袋帯です。花唐草には撫子や桔梗などがアレンジされており、古典的でありつつどこか洋の趣きも感じられてとてもモダンな印象ですね。こちらは帯問屋として京で280余年の歴史を持ち、卓越した染織技術から生まれる個性的な帯で名高い老舗・誉田屋源兵衛さんの作。静かな色と小ぶりの唐草は一見控えめに見えますが、贅沢な素材を自在に使いこなす誉田屋さんならではの高度な技術から生まれる景色は、やはり独特の迫力を備えており、手に取り着物に合わせてみれば改めてその重厚な存在感に驚かされることと思います。ぜひお手元でご覧くださいませ。