銀座【帯3905】八重山上布 名古屋帯 (反端付)

銀座【帯3905】八重山上布 名古屋帯 (反端付)

沖縄の石垣島で古くから織り継がれてきた八重山上布は、宮古島の上布と共に歴史に磨かれた技術が生み出す上質な麻織物です。かつては八重山といえば白上布の着物でしたが、近年では島に自生する豊富な植物から生まれる瑞々しい彩りを用いた作品が新たな世界を広げいますね。こちらはやや彩度を落とした白茶色が近いでしょうか。薄いベージュ系の濃淡色を大きく格子風に置いた名古屋帯。シンプルな構成ですが、太めの竪縞に重なる横段は仄かに暈かされており、少しずつ消えていく色の反復は、波に引き寄せられてさらさらと流れる砂のよう。程良い野趣を備えた清涼感のある布味は八重山上布ならではの個性。夏紬や上布、縮などの着物に合わせて、爽やかな装いをお楽しみ下さいませ。