銀座【着物3209】日本工芸会正会員 樋口隆司作 紬ちりめん 単衣 付下げ (反端 証紙付)  

銀座【着物3209】日本工芸会正会員 樋口隆司作 紬ちりめん 単衣 付下げ (反端 証紙付)  

白練色と墨黒色の糸を横段に置き、三段毎に強撚糸が織り込まれた絹縮地に、小さな白兎たちや月の満ち欠け、星などが緯絣で細やかに表現された単衣の訪問着です。肩には満点の星空、裾には新月から満月まで様々な月齢の月が緩やかなカーブに沿って並び、所々流れ星と共に元気に跳ねる兎たちの姿が浮かぶお品。ファンタスティックな世界を静かなモノトーンがすっきりと引き締めており、程良い遊びと上品な甘さは着る人や年齢を選ばず、どなたにも優しく寄り添ってくれることと思います。こちらは小千谷縮や小千谷紬などの優れた技法を生かし、上質な着物や帯を制作なさる日本工芸会正会員 樋口隆司さんの作。紬ちりめんの名の通り、繊細なしぼがつくるさらさらとした極上の風合いは、単衣でお召しになればその心地良さをよりはっきりと実感頂けることと思います。先ずは秋のお月見の会などにいかがでしょうか。