銀座【帯3938】本羅 八寸名古屋帯 亜麻色 菱文

銀座【帯3938】本羅 八寸名古屋帯 亜麻色 菱文

亜麻色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた淡いベージュ系の糸で、大小の菱を組み合わせた本羅特有の端正なモチーフが織り上げられた八寸名古屋帯です。経緯斜めに網のように広がる複雑な組織は織りというよりは編み目のような印象で、隙間の大きな織り地ながら、しっかりとした張りを保っています。無地感覚ながら立体感のある典雅な景色が確かな存在感を見せてくれるお品、上布や夏紬などカジュアルな着物から軽い付下げなどやわらかものの装いにも合わせて頂けますし、芯の入らない涼やかさからも活躍の機会も多いことと思います。気品香るモダンな夏帯、ぜひこの機会にご覧くださいませ。
*こちらのお品は現在の上品羅のように落款は入っておりませんが、細かい部分の類似点から以前の北村武資さんの作品かと思われます。