銀座【着物3226】人間国宝 小宮康孝作 単衣 江戸小紋 (落款入 三越扱い)

銀座【着物3226】人間国宝 小宮康孝作 単衣 江戸小紋 (落款入 三越扱い)

滅紫色が近いでしょうか、女性らしさが香る深い紫の色を背景に、ほっそりとした立涌文が染め上げられた江戸小紋です。一見細い線が付かず離れずに並んでいるかのようですが、目を凝らせばそのひと筋ひと筋が極小の珠の連なりによるもの。手に取り眺める程にその精緻な表現に圧倒されますね。三役ではございませんが立涌文は有職文様にも繋がる格調高い吉祥文とされていますので、少し改まったお席などにも相応しく、すっきりと清潔感のある装いをお楽しみいただけることと思います。こちらは国の重要無形文化財保持者として多大な功績を遺された小宮康孝さんの作品。限界に挑む型彫り、染め双方の職人さんの熟練の技が光る逸品を、ぜひこの機会にお手にとってご覧くださいませ。
※裏面には鹿と菖蒲が染められた単衣用の両面染めとなっています。