銀座【帯3987】日本工芸会正会員 小倉淳史作 縮緬地染名古屋帯 (落款入 三越扱い)

銀座【帯3987】日本工芸会正会員 小倉淳史作 縮緬地染名古屋帯 (落款入 三越扱い)

やや色を深めた薄鈍色が近いでしょうか。落ち着いたグレーの縮緬地にほんのりと月に兎の姿が浮かぶ、染名古屋帯です。こちらは父・建亮さんから引き継いだ技術を基に、更なる辻が花の美を追究なさる日本工芸会正会員・小倉淳史さんの作品。月明かりを思わせる柔らかな明るさが、滲みの美しさによって見事に表現されていますね。細く月を縁取る青朽葉色のライン、軽やかに跳躍するウサギの姿、極めてシンプルな構図でありながら、丁寧な仕事から生まれる繊細な美しさや確かな存在感はやはり、この方ならではのものですね。風趣ある世界が季節を運ぶ一点、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。