銀座【帯3993】綾の手紬 八寸名古屋帯 市松に絣幾何文 (付属品あり)

銀座【帯3993】綾の手紬 八寸名古屋帯 市松に絣幾何文 (付属品あり)

黄朽葉色と浅黄色、そして草色が近いでしょうか。落ち着いた彩りの緯絣によって素朴な幾何文が表現された紬の八寸名古屋帯です。こちらは本藍や貝紫による贅沢な染めや、小石丸など拘りの糸遣いで良く知られる日本工芸会正会員 秋山眞和さんが主宰する綾の手紬染織工房による作品。この工房では清らかな水や豊かな植生など自然に恵まれた宮崎県綾町の地の利を生かし、煮繭から機織りまでの全ての作業を行っているとのことですが、手引きの真綿糸を草木で染め、手機でしっかりと製織される、昔ながらの誠実で丁寧な仕事による紬には、やはりひとの目や肌に優しい、温かくも確かなちからが感じられますね。しなやかで程良い張りのある八寸は締め心地も良く、木綿や紬などの装いに重宝にお使い頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。