銀座【帯4070】龍村平蔵製 本袋帯 銘「甲比丹仙瓢」

銀座【帯4070】龍村平蔵製 本袋帯 銘「甲比丹仙瓢」

贅沢な帯づくりで知られる龍村美術織物さんの最高峰「龍村平蔵製」の本袋帯、銘「甲比丹仙瓢」です。甲比丹と言えば江戸期のオランダ船舶載の絹織物を指しますが、龍村さんでは「甲比丹孔雀」や「甲比丹仙瓢」など個性的な意匠を紬地に置いた品々の名で使われていますね。こちらは明度を落とした海老茶色の地に紅消鼠色の場を置き、瓢箪に小さな霊獣を並べ、更に枯草色と水浅葱に金糸を細く添えた格子が重ねられたお品。平蔵さんの帯らしい重厚感と高い格調を備えながらも、とことこと歩き出しそうな霊獣の剽軽な表情がどこか微笑ましく、程良い抜け感のある景色にとても心惹かれます。決まりごとの制約から離れた帯ならではの洒落みを存分にお楽しみいただけそうですね。落ち着いた色の美しさを枯れた紬の地風がより引き立てており、本結城や伊兵衛織など力ある紬に合わせれば、はっとするような新鮮な輝きを放ちます。日常のカジュアルな装いの中で平蔵さんの帯ならではの魅力を満喫頂ける逸品、ぜひこの機会にお手にとってご覧くださいませ。