銀座【着物3304】本場結城紬 暁鼠色 流線文 (反端 証紙付) 

銀座【着物3304】本場結城紬 暁鼠色 流線文 (反端 証紙付) 

明度を落とした暁鼠色が近いでしょうか、仄かに紫みを含んだ淡いグレイ系の地に深い藍墨茶色の絣で、緩やかな流線文が表現された百亀甲総柄の本場結城紬です。亀甲絣と蚊絣を細やかに使い別け、幾重にも重なる流線のなだらかな動きを見事に表現していますね。本場結城紬は真綿から人の手でゆっくりとつむがれた特別な糸を経緯に用い、熟練の技術を持つ方々の手間暇を惜しまぬ丹念な手仕事によって生み出される贅沢な織物です。あらゆる工程で大切に慈しまれた布には、ふっくらと軽く柔らかく、奥深い光沢を備えた絹という素材の素晴らしい特質が遺憾なく引き出されていますね。紬の最高峰である本結城の中でも、百亀甲総柄のお品は段々とご紹介も難しくなってきておりますこともあり、こちらのように時代の好みの影響を受けないシンプルモダンな色柄のお品はとても稀少です。帯合わせも自在にお楽しみ頂ける名品、良い本結城を一枚とお考えの方はぜひご覧くださいませ。