銀座【帯4105】藤山優子作 吉野間道 名古屋帯 (反端 栞付)

銀座【帯4105】藤山優子作 吉野間道 名古屋帯 (反端 栞付)

草木染めによる繊細な彩りを自在に操り、名物裂に由来する格調高い吉野間道を、よりモダンで洗練されたかたちへと昇華させた藤山千春さん、この方を母としてその技術や感性を受け継ぎ、共に工房で活躍なさる藤山優子さんの作品です。こちらはやや明度を上げた茶鼠色の地に象牙色、鴇浅葱やグレージュ系の濃淡のグラデーションを横段に置き、利休茶や憲法黒茶などシックな彩りをのせた吉野織が間隔を置いて並べられたお品。立体感のある細かな畝が絹糸の光沢と共に一つ一つの色の美しさをあますところなく引き出していますね。優しい色彩が溶け合う端正な景色はドレッシーな紬、小紋、軽めの付下げなど合わせる着物も幅広く、装いを気品豊かに引き立ててくれることと思います。