銀座【帯4103】浦野理一作 染名古屋帯 濃藍色 唐牡丹

銀座【帯4103】浦野理一作 染名古屋帯 濃藍色 唐牡丹

日本の染織への深い造詣を基に、贅沢な素材と妥協のない手仕事によって濃密な存在感を持つ着物や帯を遺された浦野理一さんの作品から、こっくりと色を深めた濃藍色の地に、艶やかな牡丹の花を型染めで置いた名古屋帯です。中国の印花布を意識した染めとのことですが、こちらはすっきりと白で抜いた花枝に所々鮮やかな蘇芳色が差されており、花弁の縁近くの落ち着いた葡萄茶色と共に凛とした藍の景色に温かな華を添えています。細やかな型の美しさが光るお品、古い紅型や藍染めなどの染めの意匠にも通じた浦野さんならではの、力強くどこか懐かしい趣きに心癒されることと思います。木綿や紬、小紋などの装いにいかがでしょうか。