銀座【着物3327】浦野理一作 紬地小紋 滅紫色 梨地入り菊唐草文

銀座【着物3327】浦野理一作 紬地小紋 滅紫色 梨地入り菊唐草文

確かな手仕事による美しい着物や帯で高い人気を誇る浦野理一さん、この方の作品は素朴な紬から華麗な小袖写しまで多岐に亘りますが、それぞれ年月を経た今も色褪せぬ魅力で私たちを楽しませてくれますね。こちらは明度を落とした滅紫色を背景に、生成色や葡萄茶を効かせて大らかな菊唐草文を表現した小紋です。江戸期に栄えた木綿藍地唐草に材を取ったものとのことですが、絹地を用い彩りを添えることで、その力強い魅力はそのままに、より女性らしい洗練された景色が生まれていますね。緯糸に真綿紬糸を通したしなやかな地風のお品、独特の枯れた質感がクラシックなモチーフの味わいをより深く引き出し、映画のワンシーンを思わせるような懐かしい着こなしをお楽しみ頂けることと思います。