銀座【着物3377】郡上紬 藍色 破れ格子 (高島屋扱い)

銀座【着物3377】郡上紬 藍色 破れ格子 (高島屋扱い)

経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸には選び抜いた春繭の本真綿から手でつむいだ糸を用い、草木で丹念に染め、高機で織り上げられる郡上紬です。こちらは深みのある藍色の地に渋みのある落ち着いた赤や灰青色などを破れ格子に配した郡上らしい色構成の一枚。草木から得た色はそれぞれ力強くも温かく、また背景の藍の色にも奥行きがあり、素朴な美しさが着る人を優しく引き立ててくれることと思います。明るい陽の下では極上の糸ならではの光沢や質感がそれぞれの色の魅力を鮮やかに際立たせ、郡上の本領を存分にお楽しみ頂けることと思います。人間国宝 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた贅沢な織物、あらゆる工程で心配られた仕事が創るふっくらと暖かな地風は厳寒期にも着る人をしっかりと護り、この布の確かなちからを教えてくれますね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。