銀座【帯4182】南風原花織 九寸名古屋帯 (反端 証紙付)

銀座【帯4182】南風原花織 九寸名古屋帯 (反端 証紙付)

蝋色が近いでしょうか、ややいろを浅めた黒の紬地に精緻な浮織によって柔らかく波打つような繊細な幾何文の横段が表現された南風原花織の名古屋帯です。黒を背景に、灰みを帯びた藍や松葉色の濃淡のグラデーションに淡い紫を効かせた色調の美しさが際立つお品、小さな花にのせた明るい水柿の色がとても印象的ですね。高い技術を持つ産地である沖縄の南風原では、近年程良く民芸の色を抑えたモダンな作品が増えているように思います。紬や小紋などカジュアルな装いに、手仕事の温かみとともに現代的な洗練を添えてくれる一点。春を呼ぶ淡い色の着物にも、とても綺麗に映えることと思います。