銀座【帯4186】洛風林製 袋帯

銀座【帯4186】洛風林製 袋帯

亜麻色と老竹色、淡い空五倍子色の段替わりに重ねて七宝花菱文、そして鈍い金銀糸に落ち着いた赤みや茶などを取り混ぜて細い横段を配した袋帯です。色糸に絡めた平箔の金糸や金銀の撚糸など、多彩な糸を用いた複雑な織りから生まれる陰影豊かな景色は、高い格調を備えながらも、マットな紬糸の風合いとも相俟った独特の抜け感があり、現代の着物シーンで要求されることの多い「改まりすぎず、くだけすぎない」節度ある装いにぴたりとはまってくれることと思います。古今東西を問わぬ膨大なデザインの蓄積を基とする斬新な意匠を、西陣の老舗機屋の手で帯のかたちに創り上げる洛風林さんらしい、洗練と洒落みが光るお品、ぜひこの機会にご覧くださいませ。