銀座【着物3398】薩摩絣 濃藍色 雲取文

銀座【着物3398】薩摩絣 濃藍色 雲取文

究極の木綿織物として名高い薩摩絣の着物です。こちらは黒に近いほどに色を深めた藍の地に極小の亀甲絣と蚊絣などを細やかに使い分けることで、幾重にも重なる雲取文を表現したお品。小さな小さな繊細な絣をかちりと合わせることで、もくもくとした雲を象る美しい曲線が見事に織り出されています。ごく細い番手のエジプト木綿糸で織り上げられる薩摩絣は、木綿のさらりとした素朴な味わいと共に絹のようなしなやかさを備え、その着心地は実に清々しいものです。とは言え、滑りが悪く扱いが難しい木綿糸を用いてこのような精緻な絣を織り上げるまでには、作り手はどれ程のご苦労を重ねられているのでしょうか…親しみ深い木綿の温かさを残しながらも、贅沢に手をかけられた織物だけが持つ独特の風格を備えた綿薩摩、帯合わせも自在にその洗練された布味をどうぞお楽しみくださいませ。