銀座【着物3400】伊那紬 (余り布 紙札付)

銀座【着物3400】伊那紬 (余り布 紙札付)

菜の花色、半色そして縹色、目の覚めるような明るい黄色に淡い藤色を合わせ、間を澄んだブルーで繋いだ彩り美しい紬織りの着物です。こちらは伊那紬。古くから養蚕が盛んに行われてきた信州地方は、現在も上田紬や飯田紬、そしてこちらの伊那紬など上質な紬織物の産地として知られています。草木による染めから生まれる多彩な色を生かしたシンプルな縞や格子の手織り紬は、軽くしなやかな風合いと高い実用性で定評があり、国の伝統的工芸品にも指定されていますね。今回ご紹介する伊那紬は、ただ一軒の織り元として丁寧なお仕事を続けておられる久保田織染工業さんで制作されたもの。心晴々とするような朗らかな色構成は、モダンでもあり温かくもあり、まさに春を呼ぶ清々しい景色にどなたも魅了されることと思います。その土地に産する染料を用い、昔と変わらぬ手仕事で織り継がれている信州の紬、どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。