銀座【帯4217】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「七彩霞文」

銀座【帯4217】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「七彩霞文」

西陣の老舗機屋 桝屋高尾を率いる高尾弘さんの代表的な作品である、ねん金綴錦の袋帯です。ねん金綴錦とは、高尾さんが手掛けた徳川美術館の袱紗の復元から生まれた華麗な織物。真綿糸に箔を巻き付けた特殊な素材が用いられており、金銀の美しい輝きと真綿の軽やかな風合いを併せ持つ、独特の質感が印象的な名品ですね。こちらは金糸煌めく地に霞のような横段を置いたお馴染みの段霞文ですが、いつものシンプルな色遣いとは異なり、煉瓦色や葡萄鼠色、墨色に灰茶色 若竹に絹鼠そして金の七つの彩りをほんのりと溶け込ませた「七彩霞文」。基調となっているのは爽やかな若竹色ですが、仄かに浮かぶ様々な色が着物と呼び合って、装いにより美しい調和を作り上げてくれることと思います。無地感覚のお品ですので合わせる着物の柄ゆきを選ばず、シンプルながら装いにクールモダンな趣きを添えてくれる使いやすい一点、春のお呼ばれにいかがでしょうか。