銀座【帯4260】藤山千春作 模紗織 名古屋帯 (反端 証紙付)

銀座【帯4260】藤山千春作 模紗織 名古屋帯 (反端 証紙付)

草木染めによる繊細な彩りを自在に操り、名物裂に由来する格調高い吉野間道を、よりモダンで洗練されたかたちへと昇華させた藤山千春さんの名古屋帯です。こちらはいつもご紹介しております吉野織による艶やかなお品とは質感ががらりと異なる模紗織の作品。穏やかな黒色を基調に黄唐茶や宗伝唐茶、絹鼠色など渋みのある色遣いでゆったりと格子が表現されています。2色の色糸を用いた模紗織が、黒糸による平織を挟みながら配されており、僅かに透け感のあるさっくりとした織り味は真冬と盛夏を除く長い期間お使い頂けそうです。紗とは異なり捩りを入れずに隙間を残した複雑な織りによるお品、草木染によるシックなお色目とマットな光沢が、装いに大人の女性ならではの上質感のある洒落みを運んでくれることと思います。