銀座【帯4323】本紅型 麻地名古屋帯 薄縹色 松竹梅に鳥模様 (反端 証紙付)

銀座【帯4323】本紅型 麻地名古屋帯 薄縹色 松竹梅に鳥模様 (反端 証紙付)

市松の地紋と共に僅かな透け感を置いた麻を薄縹色に染め、松竹梅に鳥を配した細やかなモチーフを散りばめた本紅型の名古屋帯です。19世紀頃の古紅型にも良く似た型の衣裳が残っており、一見素朴な趣きながら繊細な表情に高い格調を感じさせる美しいお品ですね。白く抜いた描線には濃藍色や松葉色、葡萄鼠色の濃淡色が添えられており、シックな彩りによって古い時代のものとはまた異なる、洗練された景色が生まれています。残念ながら作り手さんに繋がる情報はございませんが、確かな技量が光る本紅型ならではの一点。澄んだ青とさっくりと織り上げられた麻の質感が清々しく、夏大島や夏塩沢から上布などに合わせて涼やかな装いをお楽しみ頂けることと思います。