銀座【着物3568】林宗平工房製 本塩沢 単衣 付下げ(反端 証紙付)

銀座【着物3568】林宗平工房製 本塩沢 単衣 付下げ(反端 証紙付)

練色が近いでしょうか、僅かに黄みを含んだ明るいオフホワイトの地に薄花色や青磁色、伽羅色のごく細い不規則な格子を置き、重ねて青磁色の濃淡に砥粉色、薄墨色の横段を付下げのかたちに配した本塩沢の単衣着物です。こちらは文化財の越後上布や上質な塩沢紬などの制作で知られる林宗平工房さんの作、心がふわりと明るくなるような清澄なお色目のお品ですね。程良いきちんと感を備えながらも改まり過ぎないドレッシーな印象の織りは、合わせる帯次第で活躍の機会も多く、現代の着物シーンではとても重宝頂けることと思います。強撚糸を用いることで生まれる本塩沢の細かなシボはさらりとして肌に付かず、その独特の風合いが単衣時期にはとりわけうれしいもの。薄手ながらしっかりとした腰があり、色柄のみならず着心地の良さにも魅了されることと思います。爽やかな秋のお出かけにいかがでしょうか。