銀座【帯4424】首里花織 名古屋帯

銀座【帯4424】首里花織 名古屋帯

琉球王府の貴族や士族の衣服として洗練を極めた首里織は、その技法も幅広く、花倉織、首里花織、ロートン織、手縞、綾の中、総絣など様々ですが、今回のご紹介は首里花織による名古屋帯。明度をやや落とした櫨染色が近いでしょうか、こっくりと深みのある黄色を背景に、同系の濃淡色に紅藤色、銀鼠を添えて、精緻な緯糸浮織による幾何文が整然と並べられています。美しい彩りを点描のように連ねた端正な景色に、作り手の磨き抜かれた技量と感性が光る名品。琉球王朝文化の粋を、現代に相応しいモダンなかたちでお楽しみ頂けることと思います。残念ながら作り手に繋がるものはございませんが、細い地糸による緻密な織り、洗練されたモチーフと色遣いからは、宮平一夫さんの工房のお品を思わせます。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。