銀座【着物3594】伊兵衛織 単衣着物(畳紙付)

銀座【着物3594】伊兵衛織 単衣着物(畳紙付)

玉繭から引いた糸を丁寧に染めて手機で織り上げる伊兵衛織は、極太の糸を用いたふっくらとしなやかな風合いが持ち味の工芸色豊かな織物です。こちらは緯糸には墨黒の糸を、経糸には褐返に亜麻色、櫨色に江戸鼠や虫襖あたりのお色目を細やかに使い分けた棒縞の着物。個性豊かな様々な彩りを緯糸の墨色が綺麗に繋ぎ、素朴でありながら洗練を感じさせる美しい景色が生まれていますね。ちからのある縞は着手を選びがちですが、伊兵衛織さんのお品だけは例外。この縞ならば大丈夫!と思わせてくれる不思議な安心感がありますね。格子や縞、無地、それぞれに魅力的な伊兵衛織ですが、とりわけ多色を用いた縞は色選びや配置が絶妙で、作り手の優れた感性がとりわけはっきりと表れているように思います。既に閉じられた伊兵衛工房、遺されたお品を大切に、その奥深い魅力をお楽しみ下さいませ。