銀座【着物3592】二代目上野為二作 訪問着 象牙色 波に網干、小舟の図(落款入)

銀座【着物3592】二代目上野為二作 訪問着 象牙色 波に網干、小舟の図(落款入)

京友禅の名門・上野家の四代目として活躍なさる上野真(二代目上野為二)さんの作品です。この方は友禅染の技術で重要無形文化財保持者に認定された祖父 上野為二さんの作風を汲み、茶屋辻など端正な風景を中心とする精緻な糸目友禅の作品を、究極の技術をもって世に出しておいでです。こちらは象牙色が近いでしょうか、僅かな黄みを帯びたオフホワイトの地に藍を主調として波に網干、小舟など伝統的な茶屋辻文が丹念に表現された訪問着。色数を抑えながらも、この方ならではのごく細やかな筆によって描かれた静謐で風情豊かな景色が、清澄な存在感を見せていますね。どのような場面でも安心してお召しいただける正統派古典の格調高い優品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。