銀座【帯4489】浦野理一作 木綿地染名古屋帯

銀座【帯4489】浦野理一作 木綿地染名古屋帯

経糸に節立った太糸と細めの糸を交互に用いることで、微かに縞のような陰影を創った絹鼠色の地に、暗い赤と深い藍の二色を効かせた型染めで、流水に千鳥、様々な花木などがすっきりと表現された染めの名古屋帯です。小さな節が一面に顔を出す独特の布味は絹の経節紬とはまた趣きの異なる手織木綿ならではのもの。より素朴な布味が枯れた藍のいろを仄かに映して実に風情ある景色を生みだしています。こちらは日本各地の染織に対する深い造詣を基に、ご自身の感性と妥協のない手仕事による贅沢な着物や帯を遺された染織作家 浦野理一さんの作。クラシックで温かな表情のお品ですが、やはりこの方の作品ならではの力強い個性は時代をこえた存在感があり、紬や木綿絣、カジュアルな小紋などの装いをきりりと引き立ててくれることと思います。