銀座【着物3645】浦野理一作 経節紬 亜麻色 縞

銀座【着物3645】浦野理一作 経節紬 亜麻色 縞

経糸には亜麻色を主調として黒に葡萄茶、明度を落とした老竹色や焦茶の縞を、そして緯糸には老竹色を重ね、渋く枯れた趣きの彩りが溶け合う美しい景色を表現した縞紬です。こちらは日本各地に伝わる染織品やその技法についての深い理解を基に、ご自身の感性と妥協のない手仕事によってその一つ一つを贅沢なかたちで蘇らせた浦野理一さんの作品。この方が遺された着物や帯は、生産が終わって久しい今も多くの方に愛され続けていますが、中でも真綿から手でつむぎ出した太糸を手機でしっかりと織り上げた紬の数々は素朴な糸味に豊かな魅力があり、紬織物の原点を思わせるどっしりとして温かな存在感に心惹かれますね。所々に大きな節が浮かぶ縞はシンプルながら実に味わい深く、それぞれ力のある強めの色を並べながらも緯糸の柔らかな緑がそれぞれの色を繋ぐことで色のコントラストが程良く抑えられており、個性的な縞ながらどなたにも着こなしやすい一枚と思います。ぜひこの機会にお手にとってご覧くださいませ。