銀座【着物3648】青戸柚美江作 出雲織 着物(余り布付)

銀座【着物3648】青戸柚美江作 出雲織 着物(余り布付)

古くから木綿絣の産地として知られる山陰地方。弓浜や倉吉、広瀬などの絵絣が広く知られていますが、中でもとりわけ個性豊かなものづくりで注目される方が「出雲織」の青戸柚美江さん。鳥取県安来市にて伝統的な技術を基本としながら、木綿に限らず絹や天蚕、蓮糸など様々な素材を用い、手紡ぎの糸を草木や本藍で染め、手機にて織り上げた力強い着物や帯を世に出しておいでです。今回のご紹介はふっくらとした木綿糸を用いて、藍濃淡と茶の大胆な段替わり文を表現した青戸さんらしい一枚。経糸には藍染めによる深い彩りの糸を、緯糸には茶綿そのままの優しい彩りや澄んだ藍の階調を組み合わせ、更に繋ぎ糸を織り込むことで奥深い織りの景色を創り出しています。綿を育てるところから始まるこの方の木綿着物は出雲織の原点、いつまでも触れていたくなってしまう温かな布の表情は素朴でとても親しみ深いものですが、それでいて都会の街中でも際立つ洗練された存在感はやはり、青戸さんならではの個性ですね。人の手が惜しみ無くかけられたお品のみが持つ贅沢な美しさが、秋冬へと向かう心と体を優しく包み癒やしてくれることとと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。