銀座【着物3671】本場結城紬 黒色 切箔散らし(証紙付)

銀座【着物3671】本場結城紬 黒色 切箔散らし(証紙付)

真綿糸独特の穏やかに枯れた黒色を背景に、亀甲絣や蚊絣、経緯絣を組み合わせて繊細な切箔散らしを表現した本場結城紬の着物です。今では無地や縞格子、シンプルな飛び柄などが殆どとなっている本結城、こちらのような手の込んだ絣はなかなか見かけなくなってしまいました。昔ながらの総絣とはまた趣きを異にする、シンプルでとてもモダンな印象のお品ですが、画像でもご覧いただけますように、不規則な無地部分を小さく残しながら、様々な方向を向く極小の四角がすっきりと美しく浮かび上がっています。絣括り、染め、そして織り、携わった方々のとりわけ優れた技量が窺える佳品ですね。真綿から丹念に糸を紡ぎ、絣を括り、地機でしっかりと織り上げられる…その技術が国の重要無形文化財に指定される、全て手仕事による工程を経て生まれる最高峰の紬。水を通し長く着込む程に真綿へと戻って行くといわれる極上の着心地を、ぜひお楽しみ下さいませ。