銀座【帯4546】人間国宝 森口華弘作 縮緬地染名古屋帯 椿の図(落款入)

銀座【帯4546】人間国宝 森口華弘作 縮緬地染名古屋帯 椿の図(落款入)

象牙色が近いでしょうか、温かみのあるオフホワイトの縮緬地にさらりと椿の花枝が描かれた染名古屋帯です。お色みは描線に用いられた深みのある紫と金彩のみ。凛と咲く花の美しさが、よどみのない流れるような筆致で見事に表現されていますね。色数をぎりぎりまで抑えた景色には洗練された潔さが感じられ、冬の色としての静かな白が装いに確かな気品を与えてくれることと思います。こちらは重要無形文化財「友禅」の保持者、森口華弘さんの作品。訪問着などに見られる緻密さとはまた趣きの異なる、伸びやかで力強い表現は、より身近に親しむことのできるこの方のもう一つの美のかたちを教えてくれますね。紬や小紋に合わせて、冷たい冬の空気に映える清々しくも贅沢な装いをお楽しみ下さいませ。