銀座【帯4563】羽田登喜作 縮緬地染名古屋帯 灰黄緑色 鴛鴦の図(落款入)

銀座【帯4563】羽田登喜作 縮緬地染名古屋帯 灰黄緑色 鴛鴦の図(落款入)

友禅の人間国宝・羽田登喜男さんを祖父として生まれ、幼少期から恵まれた環境で友禅に親しみ、その技術や感性を育んで来られた羽田登喜さんの作品です。こちらは僅かに明度を落とした灰黄緑色が近いでしょうか、リードグレイ系の縮緬地に、水面に浮かぶ雌雄一対の鴛鴦の姿が丁寧に描かれた名古屋帯。羽田友禅の象徴的なモチーフである鴛鴦の姿は、繊細な糸目友禅と美しい金銀彩で丹念に装飾されており、名古屋帯という小さな面積の中にも受け継がれた高い技術が随所に散りばめられています。仄かな色みを含んだクールなグレイを背景に、華やいだ彩りで装飾された優雅な鳥たちがすっと浮かび上がる染め帯の名品、紬や小紋などの装いに上質感を添えて、品良く引き立ててくれることと思います。